Z80ワンボードマイコンを作ってみた

有名なZ80CPUを使ってワンボードマイコンを作ってみました。

Z80については

Z80 - Wikipedia

Z80ワンボードマイコンのブロック図です。

Z80を最低限動作させるために必要な回路とROMのほかに
RAM,PIO,CTCが1枚の基板上に構成されています。

Z80ワンボードマイコンのメモリマップ

〇CPU

CPUにはZ80を採用しています。ただしオリジナルのZ80は入手できなかったのでシャープが販売していたZ80セカンドソース品の「LH0080A」を使いました。

〇ROM,RAM

Z80の64kBあるメモリ空間をすべて利用できるように設計しました。

ROMはROM1とROM2に分けています。

各16kBとしてアドレスレコーダによりチップセレクト信号を生成しています。これはROM1にモニタソフトを入れようと考えているためです。インターフェースボードを作成してTK80のようにボード単体でソフトウェアを作成できるようにする予定があります。

RAMはZ80のRAM領域32kBすべてを使用しています。

〇パラレルI/O

8255を使って24bit分のパラレルIOポートを設けました。
オリジナルの8255はTTL出力ですが今回はCMOS出力の「D71055C」を使っています。
CMOS出力のほうが何かと接続しやすいので…..

〇CTC
タイマーとしてZ80CTCを使いました。
8bitタイマーが三つ入ったシャープ製「LH0082A」を使っています。

Lチカ成功しました。

Z80によるLED制御

回路図

Lチカのソースコード

LEDをカウントアップして
一定時間経過すると今度は入力のテストに移行します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました