ジャイロセンサについて

ジャイロセンサメモ

ジャイロセンサの方式と特性

■圧電振動方式
特性が安定しにくいらしい
出力特性が非線形
安価

圧電振動ジャイロ ENC−03RC/D(2個入): センサ一般 秋月電子通商-電子部品・ネット通販
電子部品,通販,販売,半導体,IC,マイコン,電子工作圧電振動ジャイロ ENC−03RC/D(2個入)秋月電子通商 電子部品通信販売

■MEMS(微小電気機械システム)方式
特性がわりと安定している
出力特性がほぼ線形
高価
最近はこちらが一般的

MPU-6500 TDK InvenSense | センサ、トランスデューサ | DigiKey
部品の即日出荷なら、Digi-Keyにお任せ! MPU-6500 – 加速度計、ジャイロスコープ、6軸 センサ I²C、SPI 出力はTDK InvenSense提供です。Digi-Key Electronicsの数百万の電子部品の価格と入手可能性をご覧ください!

どちらの方式のセンサも温度によるドリフトはあるようなので値の補正は必要

MPU-6500はジャイロセンサと加速度センサが一体になったセンサーです。
ジャイロセンサで検出できるのは角速度のため動いているときしかセンサの値に変化がありません。停止時の姿勢を検出するためには加速度センサと組み合わせて使用することが多いため加速度センサが組み込まれているのは非常に便利そうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました